保険料や携帯電話、住宅ローンを見直すことで、節約効果を得ることが出来ます。

固定費の見直し

 

固定費の携帯を持つ女性

家賃・保険代・通信費など、毎月固定定額で支払わなければならない費用を「固定費」といいます。

 

生活費の節約を見直すに当たって、まず一番最初に見直す必要があるのは、「固定費」であるといえます。

 

なぜなら、固定費を見直すことにより、毎月コンスタントな節約効果を得る事が出来るからです。例えば、食費など流動性のあるのものの見直しは、節約効果も小さく、面倒な事が多いですが、固定費は一度見直してみると、大きな節約効果を期待できる上、面倒な事も起きる事がありません。

 

では、どんな固定費を見直せば良いのでしょうか?

 

保険料の見直し

生命保険・年金保険・学資保険・自動車保険など様々な保険があります。
自分がどのような保険に加入していて、毎月全てあわせていくら支払っているかきちんと把握する事が大事です。日本人は保険料に多くの費用を出費しています。自分にとって加入している保険は本当に適切なものかを見極める必要があります。

 

自分でよくわからなかったら、保険の無料相談所が各地に存在していますので、利用してみるのも良いでしょう。
保険内容や保険料を見直すことにより、思った以上の節約効果を得る事ができます。

 

携帯電話の見直し

大手携帯電話会社の中には様々なプランがあります。
自分がどんなプランに入っていて、それは本当に自分に合ったプランなのか見直してみるとよいでしょう。各携帯電話会社の窓口で相談してみるのも良いでしょう。
また、最近では格安スマートフォン格安simもあります。様々な種類が販売されているので、それらを検討してみるのも良いでしょう。

 

住宅ローンの見直し

今現在自分がどんな住宅ローンを借りていて、現在金利はいくらなのかを確認してみましょう。「借り換えローン」を検討し、別の金利の安い住宅ローンへ切り替えを検討してみるのも良いでしょう。金利が1%~0.5%など小さなことでも、毎月の返済額を大きく削減する事が可能になります。