消費者金融などから借金をするという選択肢と、リスクについて解説します。

借金という選択肢

LOANと書かれたオブジェクト

LOANと書かれたオブジェクト

お金が無くて生活に困るようになったなら、借金をするのが手っ取り早い解決方法です。
借金の選択肢に抵抗感があるかもしれませんが、つらい生活が続くと心身共に衰弱してしまうでしょう。
そうした状況に追い込まれると正しい判断が出来なくなり、怪しい誘いに騙されるリスクが増えます。

 

そのため、活力が残っている内に金欠状態を脱するのがポイントなのです。
借金はネガティブな印象が強い反面、金欠状態を解消するには非常に効果的でしょう。
ここでは借金する選択肢やリスクについてまとめて行きたいと思います。

 

消費者金融で借金する

一万円札とMONEYの文字

借金する選択肢の中で、最もポピュラーなのが消費者金融から借りることです。
まとまったお金を借りることが出来ますし、大手の消費者金融であれば様々なキャンペーンを行っているでしょう。
お得に借りられるという点では消費者金融はとても頼もしいです。
また、返済プランの相談や家計簿作成の相談も行えるのが魅力的で、お金の考え方を学ぶきっかけにもなります。

 

上記のようなメリットがあるのは嬉しいことですが、反対にデメリットも存在しているので見てみましょう。
まず、消費者金融では返済できる可能性がなければお金を貸してくれません。
そのため定職で安定した収入があるかをチェックされますし、お金の利用目的なども確認されます。

 

最終的には審査に通過しなければいけないので、これは消費者金融を利用するデメリットとなります。
失業中の人や主婦は消費者金融で借金をしづらく、借りられても少額になってしまうので覚えておいてください。

 

カードローンでお金を借りる

カードローンを利用できるならコンビニのATMで借金するのも良いでしょう。
24時間利用できますし、小難しい審査も存在しないので非常に利便性が高いです。
カードが無ければ新しく作ってしまうのも良いので、銀行の公式サイトを覗いてみてください。

 

クレジットカードがあるならキャッシング枠を利用して借金するのもありです。
こちらもカードローンとほぼ同様の借金方法で使い勝手が良いのが特徴となります。

 

審査が無くて気軽に利用できるカードローンやキャッシングですが、消費者金融に比べて金利が高いのがデメリットです。
とは言え、短期間で返済する算段があれば重たい負担にはならないでしょう。

 

知人から借金する

少額であれば家族や知人から借金する選択肢もあります。
基本的には金利が発生しないで借りられますし、返済する期間も口約束になるでしょう。
自由度が高く負担が少ないのでメリットが目立つかもしれません。

 

しかし、親しい人からの借金は付き合いの関係にヒビを入れる恐れがあります。
家族とさえ疎遠になる恐れがあるので、借金の相談をするなら慎重になった方が良いでしょう。

 

>>既に借金をしている方は危険な状態かも!多重債務者にならないために

TOPへ