生活を切り詰めることで、一時的な金欠をしのぐことが出来ます。

とにかく生活を切り詰める

泥臭い方法ですが、とにかく生活を切り詰めて金欠状態をしのぐことも良いでしょう。
一時的な金欠状態であれば、気合いで状況を改善できる可能性があります。

 

簡単だと思うかもしれませんが、実際に生活を切り詰めるのは意外と大変なものです。
無理をして切り詰めてしまうと健康を害してしまう恐れもあるので注意してください。

 

安全に生活を切り詰めるのがポイントになるので、その点について詳しく見て行きたいと思います。

 

食費を極端に減らさない

電卓で食費を計算している

生活を切り詰めることになると、大抵の人は食費を減らそうとします。
外食の回数を減らしたり贅沢を減らしたりするのは大切ですが、必要以上に節約しようとするのは厳禁です。
2人暮らしであれば3万、4人家族なら5万ぐらいを目安にしておくと良いでしょう。

 

それ以上切り詰めようとすると、食事の栄養バランスが偏ってしまい健康を害してしまいます。
お米や野菜を知り合いから譲ってもらえるような特殊な条件が無い限り、極端に食費を減らすのは止めましょう。

 

食事をしないと働く気力が湧かなくなりますし、生きる気力も減ってしまうのです。
簡単に減らせる食費ですが、減らし過ぎないように気を付けてください。

 

固定費を見直す

固定費の中でも、意外と簡単に減らせるのがスマホ料金です。
SIMフリーのスマホに切り替えて、自宅はWi-Fiを利用するようにしましょう。
そうするだけで固定費を一気に減らすことが可能です。
毎月の支出が減るので年間で見ると大幅な節約に繋がります。

 

保険に加入しているなら一部を解約するのも手段の1つでしょう。
より良い保険に乗り換えてしまう方法もあるので、専門家へ相談してみるのも良いです。

 

他にも安い家賃の部屋へ引っ越ししたり、実家へ戻ったりすることも視野に入れてみてください。
固定費を切り詰められれば、金欠状態を一気に脱出出来るかもしれません。

 

娯楽を切り詰める

禁煙マーク

禁煙マーク

タバコやお酒などの嗜好品を切り詰めるのは金欠を抜け出す近道になるでしょう。
1ヵ月にかかる金額を計算すると、意外と1万円を超えているケースが多いのです。
すべて絶つのが難しければ、今までの半分に減らすなどの工夫をするだけでも効果があります。

 

また、ネットフリックス等のサブスク契約を見直すのも大切です。
あまり利用していないサービスがあるなら契約を解除して、毎月の負担を軽減させましょう。
クレジットカードやハガキの明細を確認すれば不要な出費を見つけられるはずです。

 

カラオケやボーリングの遊びも極力減らして生活を切り詰めれば、まとまった金額が手元に残ります。
生活のスタイルを変えるのは大変ですが、金欠状態を抜け出すために頑張りましょう。

TOPへ