ギャンブルと闇金には何があっても手を出してはいけません。

やってはいけないこと

ギャンブルに手を出す男性

ギャンブルに手を出す男性

どんなにお金が無くて生活が困窮していても、絶対にやってはいけないことがあります。
その代表たるのがギャンブルと闇金です。
ギャンブルの場合は、これが原因で生活が苦しくなっているケースもあるので要注意なのです。

 

消費者金融やキャッシングが利用上限になって借りられなくなると、人は闇金に惹かれるようになります。
甘い言葉で少額のお金を借りてしまったが最後、人生を大きく狂わされるでしょう。
ここでは絶対にやってはいけないことをまとめて行くので、しっかりと覚えるようにしてください。

 

ギャンブルのリスク

パチンコ、競馬、競艇など、ギャンブルに該当する娯楽はたくさんあります。
自分のお小遣いの範囲で楽しむ分には問題ありませんが、生活が苦しくなっている時は絶対にしてはいけません。

 

金欠状態であればギャンブルなどをしている場合では無く、少しでも節約しなければいけないのです。
ギャンブルに勝って現金を増やせると考える人もいますが、統計的には損をする人の方が多いでしょう。

 

以上のような理由で、金欠状態の時にギャンブルをやるべきでは無いのです。
特に勝って現金を増やそうと思っている人は危険です。
負けた時にそれを取り返そうと、さらに現金をつぎ込んでしまう恐れがあります。
そうなると借金に手を出したり多重債務者になったりと、非常に良くない状況に転げ落ちて行くでしょう。

 

ギャンブルはお金に余裕がある時に、娯楽として楽しむぐらいの感覚で向き合う方が健全なのです。

 

闇金からの借り入れは破滅

頭を抱える女性

令和の時代になっても闇金はお金を貸す相手を探しています。
相手が闇金だと分かっていれば警戒することも可能でしょう。
しかし、ほとんどのケースでは闇金だと分かるのはお金を借りた後なのです。
そして気付いた時はあり得ない金利が発生しており、怖い男から恫喝されることになるでしょう。
女性の場合は風俗店への斡旋などがあるので危険度はさらに高まります。

 

もし、相手が闇金だと分かったらすぐに弁護士へ相談してください。
暴力や脅迫を受けていない限り警察は動いてくれないので、闇金を撃退出来る弁護士へ相談するのが有効です。

 

借金を踏み倒そうとする

冷静に考えれば分かると思いますが、借金を踏み倒すのは無理です。
警察の厄介になるだけでなく金融情報に傷がついて、新しい借金やローンが組めなくなるでしょう。
お金に困っていると気持ちの余裕が無くなり、あり得ない選択をしてしまいがちです。

 

借金を返済出来ないと感じているなら弁護士に債務整理を依頼するのが最も良い解決策になります。
誰かに迷惑をかける行為も厳禁なので、くれぐれも無茶な行動はしないようにしてください。
様々な選択肢があることを知っていれば、最低な手段に頼らなくても良いと分かるはずです。
生活が苦しくても明るい未来はあるので市役所や弁護士へ相談するようにしましょう。

TOPへ